これで完璧!『印象別』スーツとネクタイの合わせ方。

第一印象(ファーストインプレッション)は人間関係を築くときにとても大切。仕事や恋愛、生きていく上で、生活をしていく上で切っても切れない存在。第一印象がいいほどその後の関係がうまくいく。第一印象が全てと言っても過言ではない。

そんな僕は「第一印象最悪人間」として生きてきました。その結果、友達少ない、人脈狭い、どうも、なおです。

 

<スポンサー広告>



 

しかし、少し気を使うだけで第一印象はガラリと変えることができます。表情や身だしなみ、声のトーン…などなど。表情や声のトーンは多少訓練も必要かもしれませんが、身だしなみはすぐに変えられます。

 

そこで今回は「印象別!スーツとネクタイの合わせ方」をマスターしてもらおうと思います。つまり、Vゾーンマスターになってもらいます。ビジネスをする上で印象を操ることはとても大切です。職種や立場、営業の時は信頼を。部下の前では貫禄を。などシーンに応じた印象作りを心がけましょう。

 

  1. 信頼
  2. 貫禄
  3. 爽やか
  4. 親しみ

 

の順番で、与える印象別に紹介します。

 

1、「信頼」

ビジネスシーンにおいて、「信頼」を演出したい場面は非常に多いはず。例えば、新規取引先や目上の方への営業、重要な会議やプレゼンなど。初対面で好印象を残し、頼りになる男を演出するためにオススメするのは、スタンダードに徹しながらもさりげなくセンスを感じさせる装い。


出典:http://www.asahi.com/

スーツ・シャツ・ネクタイをブルー系でまとめたスタンダードな合わせ方。ネクタイの控えめな小紋柄とシャドウストライプであくまでも控えめにセンスを主張。

 


出典:http://ciao-bruno.com/

ネイビースーツにボルドーのネクタイ。この組み合わせも定番で、勝負どきにオススメ。ネクタイをドットにすることで力強さの中に柔らかさもプラス。

 

使用する色や柄は2つまでに抑えるのが基本。それがスタンダードに徹するということ。

 

2、「貫禄」

年相応や地位相応の「貫禄」を演出したい時にオススメなのが渋めの色やスリーピーススーツなど。部下を連れていく営業や部下の前で話をするときなどに。それ相応にキャリアを積んできたからこそ似合う色や柄がある。


出典:http://www.mens-ex.jp/

ダークなブラウンがエグゼクティブにふさわしい風格を演出。胸元の奥行きを高めるためにブラウンのグラデーションで。渋みの中にブルーのチーフでオシャレさもアピール。

 


出典:http://tailor-nakayama.cocolog-nifty.com/

3ピースだけでも貫禄を感じさせるが、クラシックな装いのダブルのジレが貫禄をさらに演出。色合わせもシックに。トレンドでもあるクラシックスタイルで旬度もアピール。

 

渋めの色や柄、3ピーススーツを選んで胸元をたくましく見せるのが貫禄を出すコツ。

 

3、「爽やか」

貫禄や威厳も大切ですが、時には爽やかな笑顔が素敵なビジネスマンを演出したい時もありますよね?例えば、上司と回る営業や受付など。これからの季節にもふさわしい「爽やか」Vゾーンをマスター。オススメするのは、白やブルーを使い、抜け感を出すこと。


出典:http://www.ringjacket.co.jp/

ネイビースーツに白のネクタイを合わせたVゾーン。ネクタイに白を使うことでコントラストも効き、モダンな印象と清涼感を演出。光沢感のある白ネクタイはNGなので気をつけて。

 

シックなグレースーツにはこんな爽やかスタイルを。白とブルーを使うことで清涼感もあり明るさをプラスできる。

 

このように爽やかさを演出するなら白やブルーを使うのがオススメ。また、全体を淡いトーンでまとめたりしても清涼感をアピールできる。

 

4、「親しみ」

仲間や相手先と本音で語り合うためには親やすさも大切。部下との面談時や打ち合わせ時などには柔らかさのあるコットンやニットなどの素材を選ぶとGOOD。堅苦しさを取り払い、柔らかさの演出が相手との距離を縮めるのに効果的。


出典:http://blog.y-aoyama.jp/

ギンガムチェックとニットタイで親しみやすさ抜群のスタイル。ネイビー無地のジャケットの堅苦しさを払拭しながらドレス感を損なわないよう、チーフは必須。

タイを暖色系にして温かみのあるVゾーンに。暖色系の色味は温和な印象を強めてくれるのでオススメ。花柄&オレンジにすることで若々しさもプラス。

 

親しみやすさを演出するには、相手が遠慮したり恐縮してしまわぬよう、相手との距離を縮めてくれる色や柄、素材選びを

 

印象を操りデキる男に!

いかがだったでしょうか?スーツスタイルもコーディネート次第で印象がかなり変わります。

 

今までは、朝、なんとなく選んでいたネクタイもその日のスケジュールによってはそのネクタイじゃない方がふさわしいかもしれません。

 

改めて言いますが、「第一印象」はとても大切です。もし、第一印象で相手に悪い印象を与えてしまったら…その印象はなかなか払拭するのは難しいです。しかし、第一印象が「信頼感のある人」「貫禄のある人」「爽やかな人」「親しみやすい人」だった場合はその印象がずっと続くのです。

 

ビジネスや恋愛、生きていく上でとても得だと思いませんか?

あなたはどちらの人間になりますか?

 

 

!オススメ記事!

本気でオススメ。ネクタイブランドTOP3!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。