ダウンのオシャレな着こなし技

どうも、なおです。
寒い日が続き、アウターが大活躍する季節ですね。「オシャレは我慢」なんて言いますが、我慢してる場合じゃないぐらい寒いですよね。これからホリデーシーズンにもなりますしお出かけする機会も多くなりますよね?イルミネーションだったり、初詣だったり。そんな時に重宝するのがダウンジャケットではないでしょうか?

しかし、「暖かさ」を重視しすぎるととても不恰好になってしまいます。そこで今回はダウンを「暖かい」うえに「オシャレ」に着こなす方法を紹介します。

ダウンジャケットの悩み

ダウンジャケットを着る上で結構多い悩みが「サイズ感」です。アウターだし、中に着込むかも…と考え少し余裕のあるサイズを選ぶ人が多いですが、個人的にそれはオススメしません。

ダウンジャケットは元々がモコモコしていてボリュームがあるアウターなので少し余裕を持たせるともっさりした印象を与えてしまいます。スマートに着るならば少しタイトなぐらいがオススメ。

出典:http://zozo.jp/

ダウンジャケットは保温性も高く非常にあたたかいアウターなのでインナーはそこまで厚着する必要はありません。最近では機能性インナーも増えているので、インナーにシャツにニットぐらいで十分です。

そしてもう一つの悩みが「合わせ方」です。ダウンジャケットをオシャレに着こなすにはアウター特有の重さを軽減してあげて軽さを加えてあげるのが重要です。

この軽さを加えてあげるのが実は簡単で、柄物をインナーに使ってあげたり、明るい色のものをインナーや小物で使ったり…ただダウンジャケットを羽織るだけでなく、軽く見せる工夫を少し知るだけでオシャレに見えます。


出典:http://wear.jp

インナーに明るい色を入れ軽く見せたり。


出典:http://ro.pinterest.com

インナーに柄物を入れてみたり。

このようなちょっとした工夫でグッとオシャレに着こなすことができます。

まとめ

ダウンジャケットをオシャレに着こなすには、「サイズ感」と「合わせ方」が大事です。モッサリとさせない!軽く見せる工夫を少しでいいのでする!この2点を意識すれば、暖かくオシャレにお出かけを楽しめます。

ここからは余談です。たまに街中でも見かけるんですが、暖かいからといってダウンジャケットの下にスーツやジャケットを着るのはスマートではないです。ジャケットの裾が少し出てしまって不恰好に見えます。ダウンコートのような丈の長いものなら話は別ですが。

その名の通り、ダウンジャケットはジャケットの役割を果たしています。もしそれでも着たいと思うのであればインナーダウンをオススメします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。